skip navigation | English

総領事挨拶

今月(6月)はニュージーランド(NZ)に12年ぶりにラグビーのブリティシュ・アイリッシュ・ライオンズが遠征し、オールブラックスとテストマッチを行ったり、世界最高峰のヨットレースであるアメリカズ・カップでNZが優勝するなど、スポーツ面で大きな動きがありましたが、日本との関係では、別府・ロトルア姉妹都市締結30周年事業及び大林組がトンネル工事を行ったウオータービュー高速道路竣工式典が開催されました。

この内、別府・ロトルア姉妹都市事業については、猪又別府副市長をはじめとする別府市関係者がロトルアを訪問し、ロトルア市役所における歓迎行事、クイーンズ・エリザベス病院視察、テ・プイアでの夕食会兼意見交換会などが行われました。チャドウィック・ロトルア市長は以前日本人の子どもを自宅にホームステイさせたり、昨年別府市を訪問するなど日本、別府との関係が深く、今回の交流はとても円滑に行われました。また、猪又副市長に同行した西別府市商工会議所会頭は今回が35回目のロトルア訪問ということでした。西会頭のように長期間両市の交流を支え、貢献された人がいるからこそ両市の関係が深まっているのだと実感しました。今後の新たな協力形態として温泉を活用した医療分野での連携やスポーツ交流などが期待され、また、チャドウィック市長は来年別府を再訪予定ということであり、今後一層関係が強化されることを願っています。


2017年6月30日
オークランド総領事
横山佳孝

 

(猪俣別府副市長一行のロトルア訪問)