skip navigation | English

総領事挨拶

8月は日NZ友好親善関係促進につながる交流や表彰式がありました。
先ず、お祝い事として、ブライアン・マーティン元日NZ経済委員会委員長への叙勲(旭日中綬章)、アンナ・フィッシャー女史(国費留学生会オークランド支部長)及びローレンス・マルソー氏(オークランド大学文学部上級講師)への外務大臣表彰を行いました。表彰式にはご家族、同僚、友人、知人等出席され、温かい祝福を受けました。


また、兵庫県加古川市の岡田市長一行がオークランド市との姉妹都市設立25周年に際してオークランドを来訪されました。ゴフ市長との会談や加古川市の協力により築造されたオークランド西部にあるワイタケレ日本庭園視察等が行われました。加古川市は毎年障害のある中学生等をオークランドにショートステイする事業を行っているとのことで、両市間の人的交流が継続的に行われていることが理解できました。


27日から31日までオークランドで開催されたアジア・オセアニア地区ウィルチェアー(車いす)ラグビー選手権に出場した日本代表チームの試合を応援しました。日本に加え、NZ、豪、韓国の4チームが出場し、来年豪州で行われる世界選手権への出場資格をかけて戦いました。私は初めて車いすラグビーを見ましたが、車いす同士がぶつかる激しい音が響き、タイヤを交換するためにしばしば試合が中断され、迫力あるスポーツだということが理解できました。日本は世界ランク3位ということですが、この大会で日本は2位となり、世界選手権出場を決めました。おめでとうございました。


2017年8月31日
オークランド総領事
横山佳孝

 

(ウィルチェアーラグビー選手権。日本vsNZ)