総領事挨拶

菊池総領事着任挨拶

在オークランド総領事館ホームページをご覧の皆様,こんにちは。

 
2018年4月20日に在オークランド総領事として着任した菊池稔です。
 
当館は,1968年(昭和43年)2月に領事館として当地に開設されてから,今年で丁度半世紀を迎えました。オークランド日本人会が発行された「日本人の歩みINオークランド」を拝見しておりますと,領事館が開設された経緯などにも触れられており,当館が在留邦人の皆様とともにこの半世紀を歩んできたことが実感されます。
 
現在,オークランドはニュージーランド(NZ)の全人口の3分の1が居住するNZ最大の都市であり,経済と文化の中心都市でもあります。このオークランドを中心にして当館が管轄する地域(ノースランド,ワイカト,ベイ・オブ・プレンティ,一部マナワツ・ワンガヌイ)には,在留邦人が約1万人生活しておられ,登録日系企業数も160社を数えます。姉妹都市関係では,我が国の20の自治体が当館管内の都市と姉妹関係(日本-NZ全体では43件)を有し,地方自治体間の交流を通じた友好関係が深められています。そしてNZと言えば,何と言ってもラグビー。4年に一度,NZの国民が最も注目するラグビー・ワールドカップは2019年,日本で開催されます。2020年には東京オリンピック・パラリンピックと続き,両国のスポーツ交流が一段と活発化して行くものと思われます。
 
このような中,当館としても在留邦人及び当地に渡航される皆様の安全を最優先に,各種領事業務を遂行するとともに,関係機関と連携しつつ日系企業支援にも努めて行きたいと考えています。また,日本と管轄地域における姉妹都市交流,スポーツ交流,地域の方々との文化交流を通した人と人の交流に係る支援にも努め,相互理解の促進に一層力を尽くして参りたいと思います。
 
皆様のご理解とご協力をどうぞ宜しくお願いいたします。


在オークランド日本国総領事
菊池稔