JETプログラムオセアニア地域総会歓迎レセプション

10月6日、総領事公邸において、JETプログラムオセアニア地域総会歓迎レセプション開催しました。
 
横山総領事は、出席者を歓迎するとともに、豪州とNZは共に1987年のJETプログラム創設時からの参加国であり、これまでに同プログラムが両国と日本の友好親善関係の強化に果たしてきた役割は大きく、2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピックを控え、JET経験者が活躍する場が更に増えると述べ、参加者に対して今後の活躍を期待すると激励の言葉を贈りました。

また、参加者を代表してオークランド支部Michela Hickey代表から、深い感謝とともに、地域総会においては「持続可能性(Sustainability)」をテーマとして協議したい旨を述べられました。

歓迎レセプションを通じ、各JETAA支部間の友好が深められ、有意義な交流の機会となりました。

 
横山総領事挨拶 Michela Hickey JETAAオークランド支部会長挨拶
CLAIRシドニー支部山田次長乾杯挨拶 歓談の様子
参加者との集合写真


過去のイベント紹介リストに戻る