第18回 JAPAN DAY 2019

当館及びオークランド日本人会共催の第18回JAPAN DAY 2018が当地におけるラグビーの聖地イーデンパーク・スタジアムで開催されました。
 
冒頭開会式において、菊池総領事が挨拶を行ったほか、ジェニー・サレサ民族コミュニティ担当大臣、マーク・ミチェル国民党国会議員、フィル・ゴフ・オークランド市長及び呉杏里オークランド日本人会会長による挨拶が行われました。
 
会場内には、屋内・屋外ステージが設置され、よさこいダンス、日本舞踊、和太鼓演奏、合気道、空手、よさこいダンス、アニメ、コスプレショー等が披露され、会場内の各ブースでは、茶道、書道、着付けのデモンストレーション、盆栽、生け花、雛壇等の展示等が行われました。加えて、三味線奏者の大野敬正氏及び和太鼓奏者の古立ケンジ氏による日本音楽を披露し日本のミュージックカルチャーを紹介したほか、ビジットジャパン観光特使ミスNZ代表のナタッシャ・アンコヴィッチさんも参加し、様々な日本紹介が行われました。さらに、2019年ラグビーワールドカップのブースを設け、訪日プロモーションも行われました。
 
この当地最大の日本紹介イベントに訪れた約4.5万人の来場者は、様々な日本文化を通じて、日本の魅力を深めることができた格好の機会となりました。

 
菊池総領事挨拶 ジェニー・サレサ民族コミュニティ担当大臣挨拶
マーク・ミチェル国民党国会議員挨拶 フィル・ゴフオークランド市長挨拶
呉杏里オークランド日本人会会長挨拶 オープニングセレモニーの様子
大野氏及び古立氏の公演 ミスビジットジャパンの紹介
ラグビーブースの様子(1) ラグビーブースの様子(2)
生け花展の展示 盆栽の展示
茶道デモンストレーションの様子 日本茶デモンストレーション


過去のイベント紹介リストに戻る